マカは滋養強壮薬・精力剤として使用されている

精力大百科

新着ニュース

その他情報

リンクサイト一覧

当サイト管理人

マカは滋養強壮薬・精力剤として使用されている

マカは年米ペルーに植生する多年生の植物で栄養素を多く含むことから
栄養剤やハーブとして利用されており現在は日本でも人気の植物です。
マカの歴史は長く、約2000年前には栽培が行われていたと言われており
古くから特権階級の食物としてその栄養素は重宝されてきました。
アブラナ科に属するマカは、カブのような丸い根を持っており
その根の部分に栄養が多く含まれています。
マカnの生息する場所は特徴的で
他の植物が生存できないような、標高4000m〜5000mの高地、凍結、
日照り、紫外線の強い土地で生存しています。
マカはその土壌の栄養素を多く吸い上げて育つために
マカを栽培した土地は栄養不足に陥ってしまうとも言われています。
豊富な栄養を土壌から吸い上げたマカは、必須アミノ酸や、鉄分、
カルシウムなどの多く含み、マカは滋養強壮薬・精力剤として使用されている
収穫した後のマカは3ヶ月以上もの間、強い日差しの下で天日干しされてから
利用されます。
乾燥した根は7年など長期保存ができるため現地では保存食としても
利用されています。